皆さまこんにちは(^^)/ガースーです。
年が明けてから何度か琵琶湖釣行を繰り返しているものの、バスからの反応が全く無く寂しい思いをしていました。
個人的には冬の凍てつく寒さの中で釣りをするのは好きなのですが、2月も後半に差し掛かり冬も終わってしまいそうです。

そんな中迎えた冬のラストチャンスとなる“うるう年”限定の2月29日。
2月いっぱいは世間ではまだ冬のはず…ここで釣れば何とか面目は保てるはず…との想いを胸に秘め、先輩ザッキー氏と湖上へ。

ザッキー氏は終始「俺のポイントに案内する」、「俺が釣らせたるわ」と私に語り掛けます。
一体どこからそんな自信が沸いてくるのかと半信半疑の中ポイントへ。

何やらGPSで位置情報を確認しながら操船するザッキー氏。
余程確信があるのか、プロガイドの様に「あっちに投げて」と私に指示。

するとそこには中規模の魚礁がありました。
普段なら見過ごすであろう見知らぬ魚礁。

投げるルアーはこの冬凄まじい釣果を叩き出しているカバースキャット。
もちろんこれまでも流行りに乗っかって投げていましたが、今までは反応ゼロだったのでこちらも半信半疑。

半信半疑ではありましたが、BRUSHさんより配信された冨本兄さんの動画を繰り返し見続けたり、冨本兄さんや釣果を出している先輩方にアドバイスを頂いた事を思い返しカバースキャットを操ること数十分…

ひったくる様な待望のバイトが!!!!?

20200316-01

なんと本当に釣れました初バス。
サイズこそ小ぶりではありましたが、嬉しい1匹。

「なぁ?釣らすって言うたやろ?」とクールにザッキー氏。ここは素直に感謝感謝<(_ _)>

素早く撮影を済ませ、少しボロくなってしまったカバースキャットをリグり直す。
貴重なカバースキャットは再利用します。

次のキャスト位置もザッキー氏に確認しキャスト。
するとなんとなんと!!!!

20200316-02

2投連続のヒット!!
50弱ではありましたがナイスバス!!!

さすがに少し動揺した様子のザッキー氏。
しかしガイドとしては宣言通りで素晴らし過ぎます。

魚に食い気が出たのか?それとも群れが入ったのか?理由は定かではありませんが、連続で釣れると嬉しさも2倍です(^^♪
その後も続くかと2人でカバースキャットを投げまくるも、再び沈黙の琵琶湖に戻ってしまいました。

あまりにも素晴らしいガイドっぷりだったので何故この場所かと問うと…

なんと冨本兄さんにガイドして頂き、釣れていた場所だという事実が発覚www
釣行前から「俺のポイント」と豪語していたあの自信はそこから来ていたのかwwと納得しました(^^;
ちなみに“俺のポイント”とは“俺が釣らせてもらったポイント”の略だそうですwwwwwwwwややこしいw

当日は一日中雨が降る冬の様相でしたが、タイミングが合えば冬でも連発もあり得るというバス釣りの楽しさを再確認でき、ポイントとルアーを間接的に提供していただいた冨本兄さんと、それを忠実に再現したザッキー氏の両名に感謝する釣行となりましたwww

また近いうちにザッキープロにガイドして頂きたいと思いますw
それではまた(^^)/

PS.翌日の打って変わっての晴天の中、琵琶湖釣行に挑んだスタッフハマチョリもカバースキャットで釣っていました♪

20200316-03

こちらは完全にカバースキャットゲームを体得しているようですwお見事でした!!!